レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」仙台展


イタリア美術史上の一大エピソードであるレオナルドの失われた「アンギアーリの戦い」に関する作品・資料が一堂に集結する世界でも初めての企画展が仙台にやってきます。

ごあいさつ

ごあいさつ


レオナルド・ダ・ヴィンチの未完の大壁画計画《アンギアーリの戦い》は、今も多くの謎と痕跡を残しています。同壁画はイタリア・ルネサンス美術の歴史の中でも、最も野心的な装飾計画のひとつとされています。シニョリーア宮殿(現パラッツォ・ヴェッキオ)を舞台にレオナルドとミケランジェロが戦闘画において競演したエピソードは大変有名ですが、レオナルドの壁画と同じ広間に描かれるはずだった《カッシナの戦い》についてもミケランジェロの原寸大下絵に基づく模写によって知ることができるのみで、その計画の全貌はいまだ明らかにされていません。レオナルドはこの壁画を完成させることができませんでしたが、部分的に描かれた壁画はその後、半世紀以上のあいだ人々の見るところとなりました。しかしその壁画は、最終的に1560年代にジョルジョ・ヴァザーリの新たな壁画装飾によって覆われてしまいました。それでもレオナルドの作品は、激烈な戦闘場面を描く絵画表現の新しい基準を確立し、その後に続く世代の芸術家たちに大きな影響を与えることとなったのです。

本展のメイン作品は、失われたレオナルドの壁画の中心部分をなす「軍旗争奪」の戦闘場面を描いた、日本初公開の《タヴォラ・ドーリア(ドーリア家の板絵)》として知られる著名な16世紀の油彩画です。本展ではさらにミケランジェロが構想した壁画の原寸大下絵を模写した、同じく日本初公開の16世紀の板絵《カッシナの戦い》が出品されます。原作が失われた二大巨匠の壁画が、いずれも本邦初公開の貴重な板絵作品により500年の時を超えてならびあう、イタリア美術史上初の展示が日本で実現する運びとなりました。レオナルド自身による同壁画の習作素描、レオナルドの構図に基づくその他の模写作品や派生作品、関連する資料類、関連する歴史的人物の肖像画など《タヴォラ・ドーリア》を中心に《アンギアーリの戦い》に関する作品・資料を一堂に集めた初の企画展として、レオナルドが試みた視覚の革命を検証し、イタリア美術史上の一大エピソードである失われた壁画の謎と魅力に迫ります。

開催詳細情報へ

仙台展 開催詳細情報


会期2016年3月19日(土)〜5月29日(日)
休館:毎週月曜日(ただし3月21日、5月2日は開館)、3月22日(火)
会場宮城県美術館
開館時間午前9時30分~午後5時まで (チケット販売は午後4時30分まで)
料金一般:1,300円、学生:900円、小・中学生、高校生:500円
※20名以上の団体は通常料金の100円引き
前売り:一般1,000円、学生700円、小・中学生、高校生300円
※発売は2015年12月1日から2016年3月18日まで
前売り・当日券販売所*は前売券のみの販売
宮城県美術館、藤崎、仙台三越*、エスパル*、さくら野百貨店仙台店*、ローソンチケット(Lコード:25246)、セブンチケット http://www.sej.co.jp/products/tickets/、チケットぴあ(Pコード:767-211)、イープラス http://eplus.jp、日専連カウンターアエル店*、ニッセンレン・テラス セルバ店*、宮城県庁1階売店*、河北新報販売店*、みやぎ生協共同購入部*
主催宮城県美術館、河北新報社、ミヤギテレビ
特別後援イタリア共和国大統領
後援外務省、文化庁、イタリア文化財・文化活動・観光省、イタリア大使館、イタリア文化会館、フィレンツェ市、仙台市教育委員会、NHK仙台放送局、TBC東北放送、仙台放送、KHB東日本放送、エフエム仙台
特別協賛セコム、日本製紙
協賛大林組、関電工、大日本印刷、みずほ信託銀行
協力NHKエデュケーショナル、アリタリア-イタリア航空、日本航空、アルテリア、ヤマトロジスティクス
企画協力東京富士美術館
チケットの購入はこちら

チケットぴあ のHPへジャンプします。

※ローソンをご利用の方はお近くのローソン店舗にてお買い求めください。

宮城県美術館へのアクセス


公共交通機関のご案内

地下鉄東西線仙台市営地下鉄東西線「国際センター駅」西1出口から北へ徒歩7分、「川内」駅北1出口から東へ徒歩7分。
路線バス仙台駅西口バスプール15番乗り場より
730系統:市営バス川内営業所前行
739系統:(広瀬通経由)交通公園循環
のいずれかに乗車、「二高・宮城県美術館前」下車徒歩3分(仙台駅より所要約15分)。
るーぷる仙台仙台市内の観光スポットを結ぶ循環型バスです。宮城県美術館の最寄りには「国際センター駅・宮城県美術館前」と「二高・宮城県美術館前」の2度停車します。

※アクセス情報の詳細は宮城県美術館のWebサイトでご確認ください。

宮城県美術館のWebサイトへ

仙台展 イベント情報


ミュージアムコンサート 4月30日(土)

時を超え変わらぬ響き 躍動する音彩の瞬間(ひととき)・・・

日時4月30日(土) 午後1時30分~
会場宮城県美術館 講堂
出演○ 小池 まどか [ヴァイオリン]
○ エマニュエル・ジラール [ヴィオラ・ダ・ガンバ]
○ 梅津 樹子 [チェンバロ]
演奏曲目○ テレマン作曲:トリオソナタ
○ フォルクレ作曲:ヴィオール組曲より  ほか

エフエム仙台・「Date fm J-SIDO STATION」公開録音Vol.1
Date fm J-SIDE STATION番組内でOA予定・5/4(水) 5/5(木) 14:30〜

小池 まどか

小池 まどか

仙台市出身。4歳の後半からヴァイオリンを始める。宮城学院女子大学音楽科卒業。日演連推薦新人演奏会にて仙台フィルと共演。1998年仙台フィルハーモニー管弦楽団に入団。2001年アフィニス財団の奨学金を得てドイツへ留学。ベルリンにてB.パップ率いるアンサンブルに参加。02年に帰国した頃からバロックに興味を持ち始め、バロックヴァイオリンを若松夏美氏に師事。06年第20回国際古楽コンクール山梨第一位。同時に、栃木蔵の街音楽祭賞受賞。オーケストラ・リベラ・クラシカ、E.オノフリ指揮ジパンゴ・コンソート、バッハ・コレギウム・ジャパンに出演。2013年より、仙台クラシックフェスティバルに古楽器アンサンブルとして出演。今までにバロックヴァイオリンをA.モッチア、F.フェルナンデス、P.ビスムス、寺神戸亮、R.ゲーベル、ミドリ・ザイラー各氏にレッスンを受ける。

エマニュエル・ジラール Emmanuel Girard

エマニュエル・ジラール
Emmanuel Girard

5歳よりチェロを始める。パリ・ソルボンヌ大学で美術史、ラングゾー=フランス国立東洋言語大学で日本語・日本文学を学び、パリ国立高等音楽院をチェロ、室内楽共にプルミエプリで卒業。卒業後同音楽院の古楽器科において、バロックチェロと通奏低音を学ぶ。ソロ、室内楽奏者としてM.ポリーニ、M.ロストロポーヴィチ、A.シュタイアー、伊藤恵、茂木大輔の各氏と共演。フランスのレ・タロンリリック、ラ・シャンブル・フィルハーモニックの主要メンバーとして、欧米各国で演奏を重ねるほか、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティック(J.E.ガーディナー指揮)でゲストチェリストを務める。現在、桐朋学園大学音楽学部古楽科の特任教授として、マスタークラスやレッスンで、後進の指導を行っている。ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者としても活躍。

梅津 樹子

梅津 樹子

山形県立山形北高等学校音楽科卒業後、上野学園大学音楽学部及び同専攻科にてチェンバロを学ぶ。94年、フランス国立パリ地方音楽院(C・N・R de Paris)に留学し、栄誉賞付きディプロムを得て卒業。チェンバロを山田貢、渡邊順生、ノエル・スピース、桒形亜樹子、アンサンブルを、故大橋敏成、広野嗣雄、ケネス・ヴァイス、エレーヌ・デュフールの各氏に師事。帰国後は、ソリストとしてリサイタルを定期的に開催、また通奏低音奏者として、仙台フィルハーモニー管弦楽団、山形交響楽団との共演、仙台クラシックフェスティバルなどに参加している。天童市美術館ミュージアムコンサート(バロックシリーズ)ではオーガナイザーを務め、このシリーズで何度か共演したオーボエ奏者本間正史氏、ヴィオラ・ダ・ダガンバ奏者中野哲也氏との録音CD「スティンズビー・シニアとクレーニヒ〜浜松市楽器博物館コレクションシリーズ vol22」はレコード芸術にて準特選となった。現在、山形チェンバーミュージシャンズ(Y・C・M)メンバー、宮城学院女子大学非常勤講師。

ミュージアムコンサート 5月5日(木)

日時5月5日(木) 午後1時30分~
会場美術館正面中庭 (雨天の場合):講堂
出演熊谷 育美

エフエム仙台・「Date fm J-SIDE STATION」公開録音Vol.2
Date fm J-SIDE STATION番組内でOA予定・5/9(月) 5/10(火) 14:30〜

講演会:「レオナルドという実験工房 - 万能人の神話と実像」

講師森雅彦(宮城学院女子大学教授)
日時5月8日(日)午後2時~
会場宮城県美術館 講堂
料金無料
申込不要

展示解説

講師宮城県美術館学芸員
日時3月21日(月・祝)午後2時~(終了)
4月23日(土)午後2時~
5月20日(金)午後2時~
会場宮城県美術館 アート・ホール
料金無料
申込不要

講演会:「《タヴォラ・ドーリア》について考える」

講師越川倫明(東京藝術大学教授)
日時4月9日(土)午後2時~
会場宮城県美術館 講堂
料金無料
申込不要

音声ガイドのご紹介


幻の壁画《アンギアーリの戦い》、そしてその謎を解くカギとなる《タヴォラ・ドーリア》・・・音声ガイドでは、その制作背景を分かりやすく解説。レオナルドとミケランジェロのライバル関係や、ラファエッロとのエピソードなどもご紹介します。

ナレーションは声優の沢城みゆきさん!

「ルパン三世」(峰不二子役)や「デュラララ!!×2」(セルティ・ストゥルルソン役)、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ」(七海春歌役)など、数々のアニメ作品で活躍される沢城みゆきさん。
レオナルド自身が残した言葉もたっぷり織り交ぜてご案内します。

BGMについて

15世紀、レオナルドが生きた時代から17世紀の音楽をBGMとしてお楽しみいただけます。
レオナルドが得意としたリラ・ダ・ブラッチョを使った音楽も特別収録。
耳からも当時の雰囲気をお楽しみください。

(音楽協力:株式会社マーキュリー )

本展のメイン作品は、失われたレオナルドの壁画の中心部分をなす「軍旗争奪」の戦闘場面を描いた、日本初公開の《タヴォラ・ドーリア(ドーリア家の板絵)》として知られる著名な16世紀の油彩画です。本展ではさらにミケランジェロが構想した壁画の原寸大下絵を模写した、同じく日本初公開の16世紀の板絵《カッシナの戦い》が出品されます。原作が失われた二大巨匠の壁画が、いずれも本邦初公開の貴重な板絵作品により500年の時を超えてならびあう、イタリア美術史上初の展示が日本で実現する運びとなりました。レオナルド自身による同壁画の習作素描、レオナルドの構図に基づくその他の模写作品や派生作品、関連する資料類、関連する歴史的人物の肖像画など《タヴォラ・ドーリア》を中心に《アンギアーリの戦い》に関する作品・資料を一堂に集めた初の企画展として、レオナルドが試みた視覚の革命を検証し、イタリア美術史上の一大エピソードである失われた壁画の謎と魅力に迫ります。

会場の様子


レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展

富士美術館 特設サイトへ

お問い合わせ


ミヤギテレビ事業部

022-215-7700(平日10:00〜18:00)

※レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展特設サイトのFacebookページです